あなたは声の力だけで
女性をエクスタシーに導いた事がありますか?

直ぐに試せる話題の電話エッチサイト厳選!

マックス第1位 MGI とりあえず電話エッチしたい方には必須と言える定番のツーショット番組。大手テレクラ「リンリンハウス」系列が運営しているのでセフレ探しや大人の関係を望んでいる女の子も多数!伝言ダイヤルには今話題の「昼顔妻」達の逆ナンパメッセージがゴロゴロしています。
ミセスアイ第2位 ミセスアイ あのテレクラ最大手「リンリンハウス」系列が運営する人妻・熟女専門のツーショットダイヤルなので電話エッチプレイから即アポで待ち合わせてからの即セフレ化までパーフェクトに楽しめる番組です。LINEID交換や割り切った大人の関係まで非常に積極的な熟女さんが多数電話待ちしています!
ムクムクチャット第3位 ムクムクチャット Android端末ならライブチャットで生脱ぎ指令や相互オナニーも可能な次世代の電話エッチ生ライブ!その他の端末の方もツーショットダイヤルとして利用できるから音声エッチや出会いを視野に入れたナンパも感度ビンビン!女性層も20代から40代まで幅広いのでオールマイティーに使える番組です。

ランキング続きはこちらから!

リンリンハウスが続々と店舗閉鎖している・・・時代の流れかもしれないが非常に悲しい

閉店ラッシュが続くリンリンハウス当ブログを観覧して下さっている男性年齢というのはかなり幅広く、10代後半から上は70代までとなっています。

多くの方々が電話エッチや無料通話などを利用した電話コミュニケーションに興味を持っているのは無類の電話エッチ好きの私としても非常に喜ばしい限りです。

今回は、そんな幅広いユーザーさんの中でも2017年現在において40代~60代の男性にとっては非常に馴染みのある「テレクラ店舗」の閉店ラッシュについて少しお話ししたいと思います。

80年代~90年代に掛けて流行ったテレクラですが、上記で述べた年齢層の男性の多くは青春時代の象徴的なサービスだった筈です。

テレクラは90年代半ばに大規模な規制条例が施行されてしまい、結果的に続々とテレクラから撤退する業者が増えました。

そんな中で、風営法をクリアしている土地を持っていたリンリンハウスは競合テレクラとの価格競争などで圧倒し、結果的には日本最大のテレクラチェーンとして今まで現役稼働していました。

しかし、2015年辺りからでしょうか?

リンリンハウスは関東と関西に約30店舗の支店を持っていたのですが、徐々に店舗閉鎖となって行き、2016年と2017年現在においては凄まじいペースで店舗閉鎖を行っています・・・

中でも、私が最近まで常連として通っていた「池袋東口本店」の閉鎖は本当にショックでした・・・

池袋の明治通り沿いにガッツリと「テレクラ」の看板を出していたリンリンハウスの象徴的な店舗が閉鎖されてしまう。

私は強烈な悲しさと、虚無感に心を支配されてしまいました。

約25年もお世話になったリンリンハウス。

まだ、関東圏には十数店舗が現役稼働していますが、この閉店ラッシュを目の辺りにすると、これらの店舗も閉店となるのでは?と不安で仕方がありません。

ネットとスマホで出会いを楽しむのが主流となった今、店舗スタイルのテレクラというのは時代遅れとなっているのかもしれません。

時代の流れという言葉が思い浮かびますが、それでもこれだけ長い期間お世話になったテレクラが消滅するのは余りにも受け入れ難い事実でもあります。

まあ、幸いなことにリンリンハウスはスマホや携帯電話で楽しめるツーショットダイヤルを系列会社が多数運営しており、閉店したテレクラの常連女性などはかなりツーショットダイヤルにシフトしているようなので、テレクラ自体の需要というのはそこまで落ちていない点は少し安心できる状況ではあります。

マックス、ミセスアイ、エクスタシークラブ、ZERO,名人倶楽部などリンリンハウス系列が運営するツーショットダイヤルはある意味で、新時代のテレクラとなって今後も進化するのではないでしょうか。

店舗型テレクラが絶滅してしまうのは非常にショックではありますが、私はこれからツーショットダイヤルをテレクラの代わりだと信じて、これまでと同様に電話エッチやテレクラ感覚の出会いを楽しんで行こうと思います。

社会人になって「出会いがない」と悩んでいる男は考え方が甘い!

成人して社会人となると新しい出会いがないと悩む男性が多いです。

本当に多いんですよね・・・毎日が仕事に追われて家と仕事場の往復。稼ぎが少ないから残業が唯一のお小遣い稼ぎの時間となっていて、合コンやナンパする時間がない。だから出会いが見つからずに彼女やセフレなんて出来る筈がない。

私からすると言い訳にしか取れないことを平気で公言する男達が本当にゴロゴロしているんですよね・・・

思わず溜息が出てしまいますよ。私は昔から仕事が激務であっても頭の中は常に女とセックスする事しか考えておらず、エロが男として生きる意味だと強く念じて生きて来ました。

そのような意思を持ち続けて生活していた為に、私はセフレに困ることは一切ない生活を常に送っています。

彼女に関しては私は「特定の女」を作ることは面倒なのでしないと決めていますので、当然ながら作りませんが、とにかくセックスにはなんら不自由する事のない生活が出来ていますので大満足の現状があります。

出会いがないとネガティブな感情ばかりと抱えている皆さん!

是非とも私のような出会いに貪欲な考えを持って日常生活を送って欲しい!要は自分の気持ち次第なんですよ・・・新しい出会いなんてのは強い意志を持って行動し続けていれば誰でも簡単にゲット出来るのです。

ウダウダと愚痴を言っているだけで何も行動しない男性達・・・

ハッキリ言って考え方が甘いです。

そもそも出会いなんてのは男が行動して女性を口説くのが昔から当たり前なのですから、行動しないイコール出会いが見つからないのは当然なのです。それを仕事や時間のせいにするなんて言語道断なのです!

女性との出会いを見つける為のツールも今のスマホ時代においては腐る程ありますからね。

当サイトでも散々に渡って紹介しているツーショットダイヤルなんてのはイケイケ状態ですし、出会いアプリやソーシャルメディアなどを使うのも良いでしょう。

アクティブに行動できる方は街中に繰り出してストリートナンパしても良いでしょうし、合コンや飲み会、街コンなどに積極的に参加するのも素晴らしい選択だと思います。

とにかく愚痴ばかり言ってないで動きましょうよ(笑)私はこれが出来る方は全て素晴らしい出会いをゲット出来ると確信していますからね。

社会で働く男達は、給料を貰ってダラダラと生活するだけでは人生が勿体ないです。その給料を自分の為に使って良い女を口説いてセックスしまくる!このような肉食的な感覚を持つのが男としては当然だと私は強く思います。

人生なんてのは本当に短いんです。老人になって女遊びをガンガンできますか?体が思うように動かなくなってからでは遅いんですよ?

若い内に稼いだ金を女に使って人生を楽しむ。良い人生じゃないですか。男は遊んでナンボなんですから、社会人である内はヤリチン人生を送るくらいに思った方が良いのです。

出会いがないというのは単なる甘えですからね。是非とも甘い考えを捨てて気持ちを引き締めて良い出会いを量産して行って下さい。

女の喘ぎ声の変化を見極めれば自ずと電話エッチは成功する!

今回は電話エッチプレイをスムーズに成功させる為のコツについてお伝えしたいと思います。

ずばり!

女性の喘ぎ声の変化を見極める!

これこそが電話エッチにおける女性をエクスタシーに導くための重要な要素となります。

電話エッチが始まって間もない時は女性も興奮度が低いですから、喘ぎ声すら出さない事が圧倒的に多いです。まだ女性も濡れていないですし、これから気持ち良くなってオナニーする訳ですから当然と言えば当然です。

男性側はまずこの状態を電話エッチにおけるスタート地点であると意識してプレイを進めて行くべきです。

女性の口から洩れる吐息には特に注目すべきです。吐息というのは女性の感度を示すバロメーターとなります。吐息が頻繁に漏れるようでしたら女性は確実に感じているという事になりますし、吐息が少ないという場合はまだ女性は濡れていないという証拠になります。

ですから、まずは女性から吐息が頻繁に漏れるかどうかを見極めると電話エッチも盛り上がりが手に取るように分かると思います。

徐々に吐息から喘ぎ声が出始めたら。この転換期が電話エッチプレイにおける重要なポイントになります。

女性から喘ぎ声が出る。間違いなく相手の女性は感じていますし、場合によっては女性器が濡れてヌルヌルな状態になっています。このような段階になれば、間違いなく電話エッチを盛り上げて行くタイミングですので、相手の声に集中しながら様々なテクニックなどを駆使するべきです。

喘ぎ声が出始めたタイミングで女性に言葉責めをしたりオナニーを命令や指示すれば、更に女性の喘ぎ声は大きくなり、場合によってはこの段階でエクスタシーに達してしまうケースもあるでしょう。

とにかく最初の吐息や軽い喘ぎ声からどれだけ女性が興奮して来たのかをじっくりと観察しながら見極めるのがコツです。

最初はその見極めが分かりずらいかもしれません。かなり声のダイナミクスが幅広い女性であれば分かりやすいですが、その幅が狭い女性と言うのはレンジが狭いですから、最初はなるべく電話エッチに慣れた女性を相手に選ぶのが分かりやすいかもしれません。

この女性の声質の変化の見極めに関しては、数多く電話エッチを経験した人のみが分かる世界ですので、ツーショットダイヤルやLINE友達となっている女性などで電話エッチ経験を積むことが攻略のカギとなります。

幸いな事に、電話エッチを日常的に楽しみたいと思っている女性数はかなり増えています。最近では無料通話アプリがありますから、電話エッチ友達を作ってしまえば完全無料にて電話エッチを何時間でも楽しめる環境が整っていますからね。

女性達の吐息と喘ぎ声。これは電話エッチにおける女性の興奮のバロメーターとなります。この女性の声にしっかりと耳を傾けましょう。そうすれば間違いなく電話エッチは成功しますし、女性をエクスタシーに導くことが出来ます。

電話エッチ友達から出会いに繋げないともったいない時代に突入している!

電話エッチマニアの皆様こんばんは!久しぶりの更新となってしまいましたが、皆様の成果の方は如何でしょうか?

今年はツーショットダイヤルが非常に盛り上がった年となりましたので、多くのか方が素晴らしいパートナーを見付けることが出来たのではないでしょうか?

実は私、少しだけエロビデオ通話系のアプリにハマってしまい電話エッチから遠ざかっておりました。

しかし、ハマり過ぎて分かったのですが、やはり相手の顔や体を見ながらの電話エッチには飽きが来てしまうと悟りました(笑)

やはり抜く時は想像や妄想の力こそが激しい興奮を生んでくれるのだと確信しましたね。

電話エッチこそが最高のオナニー手法であると改めて再認識した次第であります!

今回は、現状の電話エッチ市場における更なるチャンスについて少しお話ししたいと思います!

2016年は残り僅かとなりましたが、2017年は皆様に電話エッチ友達の関係から更なる飛躍を目指すべきだと私は確信しております。

その飛躍とは具体的にいえば
電話エッチ友達からリアルな出会いに繋げる!
これを狙って行くべきです。

単刀直入に言えば、時が来た!という事になります。

求めているんです!世の中の電話エッチにハマった女達が我慢の限界へと来ているのです。

ツーショットダイヤルで電話エッチを楽しむ女の子達がゴロゴロしているのが現状です。皆様は目の辺りにしていると思いますが、そのような電話エッチ狂いと化した女達は総じて同じことを考えています。

その考えとは
電話エッチ友達と会ってみたい!
という事なのです。

私も何人の電話エッチ友達の女から同じことを言われたか分かりません。もはや、数えるのも面倒なレベルです。

女は電話エッチで感情移入しやすいと、このブログでも何度も述べて来ましたが、その感情移入が暴走状態となってきていると言えば分かりやすいでしょうか?

電話エッチ友達に依存した女達は電話による音声通話だけでは我慢ができなくなっているのです!

私はこんな事をキープ中の織んな達から言われました。

「もう我慢できないから言うね?ぶっちゃけ、あなと会ってエッチしたいの!」

「私達ってこのままでも良いのかな?私としては電話だけじゃ物足りないの!あなたの本物のアソコを味わってみたいの。」

「今度、会ってみない?見た目が気に入らなかったら断っても良いから、一度だけ飲みに行きたい。」

どうですかね?

ハッキリ言って、私が求めれば直ぐにでも濡れたヴァギナを突き出しながら

「入れて!」

と祈願してくるような女ばかりです。

長年電話エッチ友達として育ててきた甲斐がありましたよ!実は、既に相当数の女達と実際に待ち合わせてパコり済みなんですよね(爆)

もちろん、声だけ可愛い系のボストロールに関しては

「ごめん、お前は無理!」

とストレートバンチを食らわし放流しましたがねw私はそこまでの優しさを持ち合わせていませんが、それでも後からLINEが来て

「今日は誘ったりしてごめんね。でも嫌われても電話エッチの関係だけは続けたいから」

こんなLINEをもらう始末です、、、

まあ、声だけは可愛いですから、たまには相手をしてやりますが。

とにかく!電話エッチからの出会いというのは今が旬ということ!

だからこそ、2017年はバーチャルな関係で留まらずに、更なる飛躍を皆様にも追い求めて欲しいのです。

特に、ツーショットダイヤルで知り合った電話エッチ友達というのはタイミング的にかなり熱いですから、絶対にセフレ化を目指して行くべきだと思います。

彼女やセフレに聞けないセックスの悩みや相談は電話コミュニティーで聞け!

今回は、ツーショットダイヤルを代表とする電話コミュニティーの少し変わった使い方についてお話しします。

女性とのセックス経験のある男であれば、誰でも少なからず疑問に思ったことがあると思います。

その疑問とは、自分のセックスで彼女やセフレを本当に満足させられているのか?

どうですか?こんな疑問や悩みを感じたことはありませんか?恐らく、殆どの男性が気にしたことがあるのではないでしょうか(笑)

本当は気持ち良くもないのに演技して喘ぎ声を出していたら・・・自分はGスポットを刺激して満足させているつもりが、実は彼女にとっては痛くて苦痛でしかない・・・

女性が感じるセックスの快楽というのは男性には分からないのです。そりゃ体の仕組みが丸で違いますから当たり前ですよね?

いくらネットやAVなどで知識を得て実行していたとしても、女性の体はそれぞれ異なりますし性感帯だって人それぞれ・・・

日本人の女性は男性を気付付けないように、たとえ気持ち良くないセックスでも彼氏やセフレには黙って我慢しているケースも多いですからね。逆に男性はプライドが高いですから、直接自分のセックスについて真剣に質問するなんて事はなかなか出来ないでしょう。

実は、こんな事を素直に女性に聞けるのが電話コミュニティーの醍醐味でもあったりするんですよね!

電話機能の付いたツーショットダイヤルや出会いコミュニティーなどは総じてエッチ好きな女性ばかりが利用しています。男性はそのような女性達にランダムで電話を掛けることが出来る。

何も電話エッチするだけが電話コミュニティーの魅力ではありません。女生とセックスについて真剣に話したり議論することも自由に楽しめるのです。実際に電話コミュニティーでこの手の話題をしてみると異様に食い付いて真剣に答えてくれる女性はかなり多いですからね。

ハッキリ言って、自分のセックスを客観的に見つめ直すには最高の環境なのです。

例えば、潮吹きについて聞いてみたとします。すると女性からは意外な返事が返ってきたりしますからね。

「ハッキリ言って、潮吹きってのはそんなに気持ち良くない。どちらかと言えば痛くて苦痛。本当はもっと入口の部分をグリグリされた方が気持ち良いんだよ。女は入口に引っかかる感覚が気持ち良いんだから」

すんなりと女性が本当に気持ち良い手マンのやり方というのを教えてくれたりするのです。

実はコレ・・・私が女の子に聞いて衝撃的だった事実なのですけどね(笑)

何でも聞いてみるべきです。彼女やセフレには聞けないセックスの悩みや相談は本人以外の女性に聞くのが一番の解決策になるのですから。

私は常に自分のセックスで疑問に思ったことや、本命の彼女にしてみてイマイチの反応だったプレイなどをツーショットダイヤルで知り合った女性にストレートに質問してますが、本当に為になる回答をしてくれる子は多いです。

おかげで彼女やセフレとのセックスは本当に素晴らしいものになっています。

これは全ての男性に実行して欲しい。ツーショットダイヤルや電話コミュニティーは電話エッチや出会い目的ばかりで利用するだけでは勿体ないと私は思います。もっと、女の子のリアルを聞き出す為にも活用するべきなのです。

ポケモンGOは間違いなく恋活や婚活に効果的だ!

ブームが落ち着いたと思ったら、お台場にピンポイントでのレアポケモン出現でまたしても社会現象なってしまったポケモンGO。

なんと野生のマルマインやラプラス、ジュゴンが手に入ったというのですから、人々が車道まで飛び出し交通渋滞を発生させてしまうのも無理ないかもしれません・・・

私は昔から任天堂株を保有している生粋の任天堂信者であるのですが、本当にこのポケモンGO人気は素晴らしいと感じています。

WiiUで大失敗し、Sonyのプレステ4には機能面とFPSやオープンワールド系の豊富さにより圧倒的なコンシューマー機のシェアを握られてしまった任天堂は、見ていて涙が出そうな状況でしたからね。ましてや株価なんてのは悲惨の極みでしたからね。

救世主として登場したポケモンGOは間違いなく今後の任天堂を従来の神的な会社に変えてくれると確信しています。

これには理由があります。ポケモンGOは全身のイングレスに比べて、明らかに万人受けするゲームであり、実際に今でもポケモンGOを積極的に楽しんでいる層はゲーマーではなくリア充が多い。

そして、ポケモンGOは実際に多くの人々をリアルに場所移動させる力を持っているから凄いんです。

このリアルな場所に人を誘導できるポイントは日本の未来が抱えている重要な問題を解決してくれるみています。

それは、少子化及び高齢化社会問題です。

ハッキリ言ってポケモンGOは最強の恋活、婚活アプリです。そして、世界規模のナンパツールなのです。

ポケモンGOをリアルで利用している方には経験があると思いますが、人が集まるポケステップやジムですが、最近は高確率で赤の他人であるポケモンGOユーザーに声をかけられることが増えましたからね。

しかも、男性だけでなく女性からも気軽に声を掛けて貰えるから凄いと感じます。これは、間違いなくコミュニケーションのキッカケと言えますから、恋活や婚活に使わない手はありません。

私は恋活や婚活というよりはナンパに使ってますが、明らかにエロそうな子を判断できれば高確率でヤレてますからね。

まあ、私みたいなダメ人間の話題は置いておいて、狙い目なのは少子化や高齢化社会を食い止める解決策となる恋活や婚活です!

ポケモンGOはスマホを持ち街中を練り歩くだけで出会いが生まれます。

現在進行形で彼氏彼女がいない方、結婚したいと考えたいる方にはポケモンGOは最高の出会いキッカケ作りになります。

是非とも有効活用して頂いてポケモンGOを楽しんでみて下さい。

バーチャルリアリティーや拡張現実の世界は電話エッチマニアなら既に経験している世界なのです!

ポケモンGOは拡張現実ARの仕組みをいち早く世界中の人々に経験させました。

ブームのピークは流石に落ち着きましたが、今でも街中でポケモンGOをプレイしている人がゴロゴロしている状況ですので、ポケモンGOは一過性のブームなどではなく、ロングスパンで人々から愛されるスマホゲームになって行くのではないでしょうか?

ポケモンGOでは街中に潜むポケモンをゲットする際にARスイッチを入れて捕獲するか、AR機能をオフにして捕獲するかを選べますが、多くのライトユーザー達はARスイッチをオンにした状態で街中に本当にポケモンが存在するかのような感覚を楽しみながらポケモン探しを楽しんでいます。

もちろん、効率最優先のヘビーユーザーはAR機能をオフにして機械的にポケモンを楽しんでいますがね。

実は私もポケモンGOはかなりハマっています。

普通のゲームと違い手軽に楽しめますし、敢えて歩くようになるので健康アプリとしてとても優れていると判断しているからです。

このポケモンGOを日常的に楽しんでいると強く思うことがあります。

それは、拡張現実ARや仮想現実VRという仕組みは今後の世界を変えると強く感じているのです。現実と仮想の世界かどんどん無くなれば、人間のライフスタイルというのは間違いなく激変すると思うからです。

また、当サイトのメインテーマでもある電話エッチユーザーの皆さんにはこれらの拡張現実や仮想現実というのはかなり親和性が高い世界だと思います。

何故なら、皆さんは既に仮想現実や拡張現実を電話エッチという遊びで経験しているからです。それも、極めて難しい「想像」や「妄想」を駆使して仮想現実(VR)や仮想現実(AR)を再現して来たのですから。

私は電話エッチこそが最高のVRでありARだと思うのです。何故なら、VRは眼鏡タイプの端末を着用して楽しみますし、ARはスマホなどのデバイスを利用して楽しみます。

しかし、電話エッチは電話という古来から存在するツールさえあれば何時でも楽しめます!しかも、余計なソフトなどを必要とせずに男と女の「声」があればバーチャルであり拡張現実を手軽に楽しめるのです。そして、人間の持つ「想像力」があれば無限大に広がるエロスの世界がある!

つまり、最新のテクノロジーや道具などに頼らずに無限のエロの世界を追求できるのが電話エッチなのです。

ですので電話エッチマニアの方々は常に時代の最先端を走ってきたと自負して良いと思います!VRやARはこれから発展する技術だと多くの人々は認識していますが、昔から電話エッチを楽しんで来た我々は既にVRやARの世界を熟知しているのですから!

テレクラ全盛期と2016年現在のツーショットダイヤルを比較してみる

現在2016年7月。

LINEやSkypeなどのコミュニケーションツール全般を出会いツールと捕らえるなら、7月前半から9月辺りに掛けては1年を通して絶好のナンパチャンスが転がっている季節と言えるでしょう。それこそ出会い系アプリやツーショットダイヤル、各種SNSや出会いカフェなどでは女を入れ食いできる素晴らしい季節とも言えます。

夏は出会いの季節さて、夏場は女性とのHな出会いのチャンスがゴロゴロしている訳ですが、私は2016年現在と日本がバブル真っ只中であった1980年代から1990年代前半までの期間を比べると非常に面白い動きをしている事を発見しました。

その動きとは80~90年代に社会的現象を巻き起こす程のブームとなったテレクラと、2016年現在において流行っているツーショットダイヤルの見事な類似点なのです。

今回は昔に流行ったテレクラと現在進行形で人気化しているツーショットダイヤルを比較してみます。

まず比べたいのがテレクラとツーショットダイヤルの根本的な通信手段についてです。これは間違いなく「電話」というツールであり、対面式の会話とは大きく異なる声と声のコミュニケーションのみで見ず知らずの男女が出会いを楽しむという共通点がテレクラとツーショットダイヤルにはあります。

その中でも私が注目するべきだと思うのが、電話という古典的でシンプルなツールに対して人々が「夢中になる」というタイミングなんです。80~90年代の日本には携帯電話は一般的に普及していませんでした。あってポケベル程度。多くの人々は家の電話か公衆電話を使い「電話する」という行為をある意味で楽しんでいたのです。

電話する事に対して、まだまだ多くの日本人が新しさを感じていた。そんな時に街中に突然現れたのが電話というツールを利用して男女が出会いを楽しむというテレクラです。まさか、電話を使って大人の出会いやセックス前提の刺激的な繋がりが楽しめるなんて!そんな新しい感覚からテレクラ人気は一気に火が付いて若い男性から中高年男性まで誰もが気軽に楽しむ出会いサービスとなりました。

一方で2016年現在のツーショットダイヤルにも同じことが言えます。これはLINEやカカオトークなどの無料通話アプリの爆発的な普及が大きな原因だと言えるでしょう。ガラケー携帯電話時代は電話というツールがメールの手軽さに押されて影に隠れていました。

しかし、スマホが爆発的に普及するようになりメッセージングアプリという無料通話機能付きのコミュニケーションアプリが凄まじい勢いで普及すると、今まで影に隠れていた「電話する楽しさ」に再度目覚めた男女がツーショットダイヤルに目を付け始めたという流れになりました。

上記の関係性。テレクラが流行った時代背景とツーショットダイヤルが流行った時代背景はとても良く似ていると思いませんか?

実際に私は昔から店舗型のテレクラを使って来ましたが、当時の熱気と今のツーショットダイヤルを使っている感じはとても良く似ています。新規ユーザー女性も常に増えていますし、プレイする年齢層も数年前に比べると確実に若い人が多くなりましたからね。

私的には現状のツーショットダイヤルブームと言うのはとても懐かしく感じますし喜ぶべき状況だと思います。当サイトのメインテーマとなっている電話エッチに関しても電話でのコミュニティーが一般化していた方が相対的に電話エッチユーザー数の増加に繋がりますから、確実にメリットは大きくなるからです。

電話エッチ好きの方もHな出会いを常に追い求めているナンパ師の方も2016年現在はツーショットダイヤルを使うことが全ての繋がりのチャンスに直結すると思います。これは昔に爆発的なブームとなったテレクラを思い出せば純粋に時代のサイクルが起きているのだと断言できますし、人気となるのは明らかなのですから。

電話エッチが一向に上達しない場合の対処法について

私はこのブログにて散々に渡り電話エッチのテクニックやら、電話エッチする時の考え方や精神論を述べて来たが、やはりそれでも電話エッチが一向に上達しないと悩み、私の元へ切実なお悩みメールやコメントを送って来る人がいる。

このような悩みや相談を受け取った時の私の気持ちは本当に辛い。

直ぐにでも直接その人の元へ出向いて電話エッチコンサルをしたい所だが、そんなボランティアをしていれば直ぐに私の体はボロボロになってしまう。

私は電話エッチという存在を今から約40年前から楽しんでおり、古くはアナログの黒電話しかなかった時代から既にテレフォンセックスを楽しんでいた。

もちろん、テレクラも経験したし公衆電話で夜な夜なフィリピン人とテレフォンセックスする事にハマった時期もある。最近ではツーショットダイヤルで好きな時にスマホで自由に電話エッチを楽しんでいる。

もしかすると、私の電話エッチに対する考え方は余りにも行き過ぎてしまったのかもしれない。悩める初心者の心を置き去りにして、自分勝手な持論を述べ過ぎていたのかもしれない。

もちろん、私にも電話エッチプレイのスランプというものが存在した。

いくら本気で声を出しても相手の反応が薄かったり、途中で女に呆れられて電話を切られたりと悲惨な経験だって何度もして来ている。

余りにも、女から無反応な対応をされて怒鳴り散らしたり、時には泣いてしまったこともある。

情けない、悔しい、ムカつく、イライラする、誰かに相談したい

電話エッチという本来は遊びである筈の行為に、ここまでシリアスになりネガティブになり悲観的な考えをしたことがあるのだ。

そんな私が、ツーショットダイヤルや電話エッチプレイの世界ではカリスマと呼ばれるまでの存在になれた理由。私はこんな事を深く考えてみた。

そして、導かれた答えがある。

スランプを感じたら休む。

女に嫌な思いをさせられた場合は酒を飲んで忘れる。もしくは、誰か友達に愚痴聞きしてもらう。

電話エッチすることが嫌になった時は素直に止めてしまう。しかし、少し気分が上向いたら定期的にチャレンジしてみる。

完全に電話をエッチが嫌になる前に、休憩したり他のことで気分転換をして欲しいのである。

つまりは、 バランス感覚なのだと思う。嫌なことは直ぐに自分の中で意識して上手く嫌な気持ちを払拭すべき。

そして、無理はせずに気軽に長期的に電話エッチという遊びに向き合って欲しいのだ。

このような自分のバランス取りを行えば、基本的には電話エッチは常に楽しいものであると思うし、男にとって重要な性欲解消の手助けとなってくれるだろう。

女性の扱いが苦手な男性にこそ電話エッチを日常的に楽しんで欲しい。

何時まで経っても女性と上手く接することが出来ない・・・

女性に対する苦手意識の克服と電話エッチ女性と2人きりもしくはグループで対面すると直ぐに体中が硬直して極度の緊張を感じてしまう。女性と楽しく会話しようと思えば思うほどに緊張感が増して、結果的に無言状態になり会話が止まってしまう。

このような男性・・・当然、彼女なんて出来る筈もなく社会人となっても未だに素人童貞もしくは真性童貞のまま。

私は昔、個人的にネット上で女性に対して苦手意識を感じている男性達の救済ウェブサイトを立ち上げていた時期があり、そこでは完全無料で女性との会話の仕方や女性のエスコートの仕方などを個別にレクチャーしていた事があります。ハッキリ言って、相談してくる男性は半端ではなく多かったです・・・

本当に小規模なウェブサイトでしたた、平日は平均20~30程度の悩み相談や質問メールが来ていましたし、土日祝日になると一気に100件~200件もの相談がやって来ました・・・とてもではないですが、全ての相談者に親身になって1件づつ返事を返すことは不可能になって来ました。

何とか半年程度は頑張って運営を続け、総勢1万人程度の悩める男性達に「女性に苦手意識を持つ男性」に対して自分なりに最適だと思うアドバイスを真剣に返しました。

そのサイトを終了する時は本当に辛い決断でしたが、これ以上続ければ確実に私の体は壊れていたので、簡単な告知をトップページに掲載して、その相談サイトは閉鎖しました。

このような女性の扱いに関するコンサル相談サイトを運営してみて分かった事は、世の中には予想以上に女性に対して「苦手意識」を持っている男性が多いという事です。

彼らは、決して女性が嫌いな訳ではないのです。

むしろ「直ぐにでも彼女が欲しい、付き合いたい、エッチしたい、結婚したい」など極めて恋愛や結婚、セックスに対して積極的な気持ちはあるのです。しかし、肝心の女性を目の前にしてしまうと途端に緊張や不安が襲ってきて、結局はコミュニケーションが上手く行かないのです。

私は思います。少しでも女性に対して苦手意識を感じている男性こそ、当サイトのテーマである「電話エッチ」を出来るだけ経験するべきなのです。実は、私が長年に渡り運営しているこの電話エッチ関連ブログは、そんな女性に対してコンプレックスを抱えている方に向けての強いメッセージブログを兼ねて常に情報配信しているつもりです。

恐らく、私の元カウンセリング患者の方は、このブログの管理人が私だと勘づいてる人も多いと思います。決して、閉鎖した相談サイトで告知していた訳ではありません。私の巧妙なカウンセリング及びコンサルティングが独特な為、ふとした瞬間に気付く人がいるのです。現に、メールやコメントで元患者さんという方からお返事を頂きましたからね。

日常的に電話エッチを楽しむ行動は、女性苦手意識を克服する一番の特効薬なのです!最近では電話エッチはLINEやカカオトークを使えば何時間でも無料で楽しめる環境がありますから、その気になればコストを掛けずにプレイ出来ます。

少しお金に余裕があるのであれば、ツーショットダイヤルを使えば、何時でも見ず知らずの女性と会話や電話エッチが出来る環境だって完璧に整っています。

人生というのはそう長くはありません。仮に童貞を30歳まで引きずってしまった場合は、健康なセックスが出来るまで残り約30年しかないのです。つまり、今まで童貞だった期間しか残りの人生が残されていないのです。

焦らないでゆっくり・・・と言いたいですが焦ってください!直ぐにでも電話エッチを始めて、少しでも女性と接しましょうよ。コツを掴むまでが少し大変かもしれませんが、ハッキリ言って行動した方はどんなに奥手な方でも20回違う女性と電話エッチしてみれば嫌でもコミュニケーション能力というのは上がるのです。

ですから、頑張りましょうよ。20回ツーショットダイヤルで違う女性にアタックして電話エッチをしてみる。これだけで人生が劇的に変わる。

やるかやらないか迷っている暇はありません・・・絶対にやりましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ